ページトップへ
close_black

お客様の声

  • 地域別
  • すべて 尾張旭市

間取りが決められて、しかも予算内の NEWスケルトンオーダーハウスを選びました。

尾張旭市 Y様[NEWスケルトンオーダーハウス]

 

たくさんの物件を検討してたどり着いた答え、それがNEWスケルトンオーダーハウス。
結婚して賃貸に住んでいましたが家賃が高く、それならば家を買ってしまおうと思い立って家探しをスタートさせました。最初は注文住宅を考えていて、ハウジングセンターやネットで探しては見積もりを取るものの、やっぱりどこも高くて。建売を検討しても狭くて駅から遠いなど、なかなかいいなと思える物件が見つかりませんでした。そんな時、調べていくうちにやっと見つけたのが東新住建の『NEWスケルトンオーダーハウス』でした。
NEWスケルトンオーダーハウスは注文住宅と分譲住宅の間といった感じで、間取りや内装が自分たちで決められるし、土地がついて値段もちょうど予算くらい。駅からも近いので自分たちの条件にはまり、この家の購入を決断しました。

エコカラットや間接照明で洗練された表情をプラス。
この家でこだわった点はというと...リビングはフローリングや建具なども落ち着いたトーンでまとめて、スタイリッシュモダンな雰囲気に。テレビを壁掛けにして、背面に上質感のあるエコカラットをコーディネートしました。天井近くに間接照明を入れ、壁面のテクスチャーをやわらかい光で演出しているのもポイントです。エコカラットはデザイン性だけでなく、調湿機能や脱臭効果もあるので、玄関にもアクセントクロスとして取り入れています。

キッチンやトイレなど水まわりにも暮らしやすい工夫がいろいろ。
タイル調クロスや壁面収納、ダイニングの照明と合わせてカフェっぽい表情に仕上げたキッチン。食料品などもたくさんストックできる大容量のパントリーを設けて、収納性をアップさせました。空間がすっきりと片づくのはもちろん、料理の時にもすぐ出し入れできて便利です。
あと、トイレにもこだわりました。配管の関係上トイレの位置は本来あまり変更できないらしいのですが、たまたま設計のタイミングが今ならまだ間に合うと聞き、トイレの位置をずらしてもらい、そのぶん棚を造作しました。階段下のデッドスペースを上手く生かしながら、収納スペースとして日々役立てているので、つくってよかったなと実感しています。

おもてなし空間とプライベートな空間への動線にも配慮。
奥さんの実家で生活動線に不便を感じていたこともあり、廊下をつくって洗面室や浴室、トイレからそのまま2階寝室へと行けるようにしました。
お客様が来ている時もリビングを通らずに気兼ねなくプライベート空間へと足を運べます。生活感が隠せるし、プライバシーに配慮したかたちです。

シューズクロークを備えた玄関まわりも自分たち仕様に。
当初のプランでは、シューズクロークに加えてアウトドアグッズなどの収納にも便利な土間があり、シューズクロークから土間を通ってリビングにつながる動線でした。自分たちは外からの埃が室内に入ってくるのを避けたかったので、土間部分をリビング続きの納戸に変更してフローリング仕様に。シューズクロークと納戸を壁で仕切り、土足とそうでないスペースに完全に分けました。シューズクロークは、自転車や、ゆくゆくベビーカーが入ることを想定して、ゆとりのスペースを確保しています。

インテリアコーディネーターの提案で2階の収納計画も◎。
収納力のある大きいクローゼットを奥さんが希望していたので、インテリアコーディネーターさんに相談した結果、もともと4LDKの標準プランから寝室と隣り合った壁を外して広々と使える3LDKに。寝室からも廊下側からも入れるL字型の大きなウォークスルークローゼットをつくりました。実際に暮らしてみて使い勝手がよく便利なので、インテリアコーディネーターさんのアドバイスがすごくよかったと満足しています。

間取りアレンジに太陽光パネルも! 予算内に収まりました。
新しい家に住み始めて友達をたくさん招くことができたり、自分たちの好きなものを思いのままに取りつけられることができたり、賃貸に住んでいた時とくらべて自由度がぐんと増しました。社会人になった当初は実家から片道1時間半かけて通勤していたことを思うと、今は、職場に5分で行けるようになったのでありがたいです。 12kwの太陽光発電パネルを設置したので、発電メリットもかなり期待できます。
外観デザインはそのままですが、やっぱり何といっても間取りや動線、設備仕様などを自分たちが暮らしやすいように工夫やアレンジができて、予算内に収まったことがよかったなと感じています。